海外の反応 武装少女マキャヴェリズム 第8話

第八節 彼氏彼女オネエの「事情」

目覚めると、納村は医務室にいた。さとりとの戦いのあと、蕨ともども気を失い、運び込まれたのだ。そんなこととは知りもしない輪とメアリは、仕置き部屋の納村のことが無性に気になってしまい、それぞれこっそりと向かおうとしていたところ、ばったりと鉢合わせてしまう。互いに本来の目的をごまかしておかしな対決が始まってしまった。一方、医務室の蕨に新たな問題が立ちはだかるのだった。


(引用:MAL)

・ある海外さん

やれやれ、さとりは今回で納村に惚れたようだ。

メアリは他のエピソードと比べて可愛く見えた。

因幡も熱で体調がよく見えなかったけど出番をゲットしてたね。

このエピソードでは輪のリアクションに笑ったよ。

彼女の過去も少しわかった。

・ある海外さん

彼らが話をしてる間中、蕨が我慢してるのは面白かったよ。

不動と輪の過去についてもわかった。

輪は納村が彼女に何かするんだと思っていたけど彼はマスクを取ったね。

輪はマスクなしでもキュートだったよ。

・ある海外さん

変わったエピソードだった。少し悲しいバックストーリーと蕨の”ツッコミ”が混ざって今まで中で一番場違いだった。

・ある海外さん

月夜はずっと待ってたせいで熱が出ちゃった。

・ある海外さん

輪がまた納村を叩くんじゃないかと思ってたよ。間違っててよかった。

・ある海外さん

輪と納村は悲しい過去だ。

母親が原因で輪が鬼面を被っているのは悲しいよ。彼女はそれなしでも可愛いのに。

蕨のためにバケツを滑り込ませるキョーボーは面白かった。キョーボーは救世主だよ。

・ある海外さん

納村と輪が過去を話してる間中、蕨はトイレに行きたかったんだね。笑

過去話はすごく辛かった、輪のは特に。

・ある海外さん

シリアストークと下品なギャグが重なり合わせたのは驚くほどうまくいってたね。

・ある海外さん

過去話は面白かったし、ようやく鬼瓦がずっと鬼面を被ってる理由がわかったよ。

・ある海外さん

息抜き回だけど息抜き回じゃなかった。

・ある海外さん

納村と輪が悲しい話をしてる間、蕨が我慢してるのが楽しかった。

・ある海外さん

好きなエピソードだ。納村と輪は互いの過去を話し合ったのが本当に良かった。

輪は確実に今夜罪悪感を感じることなくぐっすり眠れるね。

ベッドで我慢しながらツッコミ入れてる蕨がとても楽しかった。

・ある海外さん

正直すごくいいエピソードだったよ。

鬼瓦と納村の興味深い過去。蕨の我慢シーンは驚くほど良かった。

二人ともすごく悲しい過去だ。

蕨がトイレに行きたいのに真面目な会話のせいで出れないのが楽しかった。キョーボーがバケツをくれたね。

鬼瓦がメインヒロインに見える。

亀鶴城はただのお笑いみたいだ。

・ある海外さん

輪は間違いなくベストガールになるだろう・・・。亀鶴城は勝てないよ。

・ある海外さん

このアニメで輪をヒロインにするのは好きじゃないな。

前回に納村が叩き倒した悪役少女(眠目)が好きだよ。

けど正直、ハーレムエンドがベストだね。今時そんなことが起こるのはまれなんだけどね、はあ。

・ある海外さん

輪と納村の過去がわかって良かった。

納村は正しい。輪はマスクなしでも可愛い。

蕨が我慢してるのは面白い。

でも大事な話の最中に出て行かなかった彼女には拍手するよ。。


以上です。

意外に原作に忠実な作りだったけどアニオリ入れるくらいならセリフカットとかはやめて欲しかったですね。

海外の人たちは我慢する蕨が面白かったみたいで大好評でした。

寮母さんについては誰も触れてませんでしたね。

実は彼女が男であることを知ったらどんな反応するんでしょうね。

次週から女帝と月夜の同時進行での最終エピソードが始まりますが最後どこで切るのか気になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする