海外の反応 武装少女マキャヴェリズム 第11話

第11節 胸に残るあの日の「弾丸」

怒りに震える納村の雄叫び。応じる天羽の咆吼。ふたりの魂の声が、学園中に轟く。この学園で初めて出会ったときに抱いた納村の直感は正しかった。「女帝」天羽斬々は、彼がかつて友だと信じ、裏切られ、争い、深い憎しみを覚えた「アモウ」その人だったのだ。天羽もかつての記憶に思いを馳せる。呼び起こされた苦い記憶とともに、今、再戦の火蓋が切って落とされる。自動反撃と鉄壁の防御を突き抜け、納村の「魔弾」は、天羽に届くのか。


・ある海外さん

おお、ついに納村と天羽の過去を知ることができたよ・・。

因幡はこのエピソードで驚くほど助けになってくれた。

・ある海外さん

納村と天羽の過去を知ることができた。

天羽は彼が彼女に気を払わなかったのが気に入らなかったんだね。天羽はすごく怒ってる。因幡は納村のら助けになってるよ。

・ある海外さん

くそっ、続きがすごくきになるよ。

・ある海外さん

残念なことに最終話は少し急がないといけないだろう。

・ある海外さん

天羽はひどく納村を欲してる。でも彼女は納村を手に入れた後どうするつもりだろう??

天羽と納村の過去や納村が多くの傷をトレーニングで負ったことがわかったね。

因幡は友達が欲しいんだ。

最終話で全てが決まる。

・ある海外さん

興味深いバックストーリーだ。全ては最終話で決着をつけるようだ。漫画ではもっと多いのかな。

・ある海外さん

なんで天羽の肌は変なの?

・ある海外さん

月夜のパートはかなり面白かったよ。

・ある海外さん

ベストガールを決めるのがさらに難しくなってきてるよ。

・ある海外さん

予想通り天羽は納村を愛していた。

ピンク髪の男に何が起こったのだろう?

・ある海外さん

天羽に勝って欲しいけどいつも通り納村が勝つんだろうな。


以上です。

結構エピローグ的な話が長いけどこのペースだと最終話もバッサリカットしてきそうですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする